人材育成

新入社員に対する
育成プログラム

IT技術者としての基礎技能の習得、そして職場への橋渡しを積極的にサポートします

新入社員に対して「新入社員導入研修」を行った後、開発センター(システム開発専門部署)において先輩社員の指導の下、
システムの詳細設計・製造・テスト等の演習を中心とした開発技術教育を実施します。

現在の新入社員教育

新入社員導入研修
  • マナー研修
  • 社会人としての基礎知識
  • ほくでん情報テクノロジーの概要(事業と業務)
  • Java基礎・Webアプリケーション開発演習
  • JavaScript研修
  • データベース研修
  • 情報セキュリティ研修
  • ネットワーク研修
  • 運用業務体験
    (オペレーション体験、サーバー業務、クライアント業務 等)
開発センターでの
新入社員教育
  • 標準プログラミング演習
  • 詳細設計演習
  • チームによる総合演習

研修風景

Java基礎研修

Java基礎研修

アプリケーション開発プレゼンテーション

アプリケーション開発プレゼンテーション

職場配属後の育成プログラム

技術力の向上と企業人としての成長をしっかり応援します

社員教育体系

新入社員教育の後、それぞれの能力と適性から、各職場に配属されます。
各職場では、職場内教育(OJT)計画を作成し、上司・先輩(指導員)の指導の下、仕事を通じた技能教育を実施します。また、業務上必要なビジネススキルやテクニカルスキルの教育・研修を社内外で実施します。

新人社員教育 新人社員教育

自己啓発・資格取得支援プログラム

社員の知識や技術力の向上を図り、業務への活用を推進するために、通信教育受講料助成や資格取得祝金の支給など、社内教育に限らず様々な支援プログラムを用意しています。

通信教育講座受講費用助成

280コース

業務上必要な通信教育の修了者に対して、受講料の助成を行います。

階層別スキル

コミュニケーションスキル

資格取得コース

資格取得祝金

60資格

社員の知識・技術力向上や業務に活かされる資格の取得者に対して祝金を支給します。

情報処理技術者試験ほかベンダー系資格

トピックス

「Oracle Certification Award 2019」を受賞しました

2019年9月、当社は「Oracle Certification Award 2019」の ORACLE MASTER Oracle Database 12c 認定資格部門で全国1位として表彰されました。

この賞は、オラクル社が主催し、オラクル製品のハイレベルな技術者育成に努め、年間でオラクル認定資格者を数多く育成した企業に対して贈られるものです。

当社では、2016年度 からOracle Databaseの保守性向上を目的としたスキルアップ研修を実施し、若手を中心にハイレベルな認定取得者(ORACLE MASTER Gold / Silver)の育成に力を入れてきました。2018年度にはORACLE MASTER Oracle Database 12c 資格を数多く取得し、当部門において堂々の第1位に輝いたものです。

採用に関するお問い合わせ

ほくでん
情報テクノロジー株式会社

ご相談・資料請求・
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ