AI・IoTソリューション

AIを活用した
チャットボットサービス

社内に置ける人事・経理・総務の各種申請方法など、企業や自治体の管理部門に寄せられる問い合わせの多くは
一定のルールに沿った回答が可能です。電話やメールでの同じような質問に担当者は労働時間を割かれています。
このような課題について、自動会話プログラム機能を持つ「対話ロボット(チャットボット)」を活用し、業務を効率化することで、
「働き方改革」の一歩をONE STOPで進めることができます。

  • チャットボットが24時間応答

    よくある質問について、担当者に代わって24時間いつでも回答します。AIによる対話制御によって、あらかじめ想定される単語や質問に対してシナリオを登録(プログラム)しておき、そのルールに従って応答します。自然言語処理(AI)により質問を理解し、対話の制御を行います。

    チャットボットが24時間応答
  • チャットボットで業務効率化

    時間外労働の削減や担当人員の効率的な配置で、人材の有効活用をサポートします。

    • 要員削減前と同レベルのサービスを維持
    • チャットボットが時間外や休日の対応を担当
    • 質問データ蓄積・分析でヘルプ対応の改善・充実を促進
    チャットボットで業務効率化
  • RPAとの連携で処理を自動化

    チャットボットとRPAを組み合わせて、複雑な処理も簡易に自動化します。

    RPAとの連携で処理を自動化
メリット①

30%の業務効率化を実現

OAヘルプデスク受付件数のうち、約30%はチャットボットでの回答でご案内できました。

メリット②

時間外対応にも貢献

チャットボット受付件数のうち、約20%はOAヘルプデスクの受付時間外でした。

※ 当社実績。適用業務により効果が変動します。

チャットボット利用率の円グラフ

資料ダウンロード[PDF:

混雑状況見える化

店舗や施設などの混雑状況をインターネットを介して、店舗・施設外のお客さまにスマホ等で確認いただけるサービスです。
参照先サイトへの接続には、QRコードをご活用いただけます。

  • システム構成例

    • 混雑状況の判定には高精度カウントカメラを使用。
      (出入口上部に設置)
    • 映像は録画されません。カウント情報のみ記録されます。
    • 顔の認識を行わないため、個人情報取得には該当しません。
    システム構成例
  • カスタマイズ・オプション機能など

    • 混雑状況を表示する機能は、ニーズに合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。
    • カウント情報を蓄積し、統計情報として活用することもできます。(時間帯別の滞留人数など)
    • 出入口が複数ある場合、それぞれにカウントカメラを設置することにより、トータルカウントが可能です。

資料ダウンロード[PDF:

位置情報トラッキング

利用者がスマートフォンを持ち歩くことで、GPSによる位置情報やチェックポイントに配置したビーコンの通過時間を自動的に収集し、
取得したデータを地図で確認できるサービス。移動したルート情報を自動で収集でき、データ分析・管理に活用できます。

  • 本サービスで実現できること

    • ビーコンを利用しチェックポイントの通過時間を自動的に記録(ビーコンは電源不要・室内外問わず設置可能)
    • スマホのGPS機能を利用し、位置情報を自動的に記録
    • 記録された通過時間・位置情報を、PCのブラウザやスマホ上で地図表示し参照

    ※ 要件に応じてカスタマイズ可能ですので、ご相談ください。

    本サービスで実現できること
  • 活用・カスタマイズ事例

    • 従業員の移動ルートの把握(営業マン、修理作業員など)
    • 車両運行状況の把握(タクシー、除雪車など)
    • イベント会場やテーマパーク(遊園地、水族館、動物園など)の移動ルート分析
    • 巡視パトロールの移動ルートの把握

    ※ GPS:Global Positioning System

    ※ ビーコン:bluetooth電波を発信する小型機器

資料ダウンロード[PDF:

ほくでん
情報テクノロジー株式会社

ご相談・資料請求・
お問い合わせはこちらから

お問い合わせ